• 小
  • 中
  • 大

3/18(金) 地方・消費者問題に関する特別委員会での質問

IMG_3004 IMG_3009 IMG_3007

 3月18日(金)、地方・消費者問題に関する特別委員会にて質問しました。

 ■消費者庁の移転について

  消費者庁が徳島に移転することについては反対です。消費者庁という官庁は、経済産業省や農林水産省、厚生労働省など、いろいろな官庁の機能を一部取り入れた、いわば水平分業型の組織で、いろいろな官庁と横の連絡を密にする必要があり、移転とは一番縁遠い官庁です。消費者問題に関する特別委員会の委員長を務めた経験からも、その点については承知しているつもりです。
IT化が進んで、会議もTV会議でできるという意見もありますが、国会の本会議や委員会をTV会議にしてしまうことができるでしょうか。最後はフェイス・トゥー・フェイスで話をしなければならないこともあると思います。また、現場は地方です。地方の消費者行政と連携をとるにあたって交通の便も重要ですが、徳島県ではどうでしょうか。飛行機は羽田便と福岡便しかありません。
どうせ官庁を移転するならば、国土交通省や農林水産省など、単独で仕事を完結できる、垂直統合型の官庁にするべきです。

 ■地方創生について

  日本海側や積雪寒冷地は太平洋側と比べて条件が不利です。政令市は全国に20ありますが、日本海側にあるのは新潟市だけです。中核市は45ありますが、日本海側にあるのは秋田市、富山市、金沢市だけです。税金や補助金の制度など、同じ条件で物事を進めても、同じようにはできないから、日本海側の大都市は4つしかないのです。
例えば、高速道路も、建設費が1キロ300億円かかるところも30億円ぐらいでできるところも同じ料金です。中央集権型はやめ、地方分権を進め、地方を自立させなければ、地方創生はうまくいかないと思います。
石破大臣は、分権や道州制の議論もしていくが、仕組みが変わるまでには国会での議論などが必要であり、時間がかかると述べていますが、安倍政権になってからは、分権どころか中央集権がますます強まっているように感じます。大臣には、地方創生、一億総活躍など、新しい政策が出るたびに、地方の現場では新しい計画書を策定する手間が増え、手一杯になっていることについても考えていただきたいと思います。

 

 <質問の様子はこちらの画像をクリックしてください↓↓>

3/17(木) 総務委員会での質問

 

IMG_2997 IMG_2992

 

 3月17日(木)、総務委員会にて質問しました。

 ■ローカル・アベノミクスについて

  安倍総理は、地方こそ成長の主役、地方創生、ローカル・アベノミクスなどとおっしゃいます。総務省もローカル10000プロジェクト、分散型エネルギーインフラプロジェクトなど、新しいプロジェクトをどんどん出してきますが、こうした施策で地方が豊かになったという実感があまりありません。
前の政策を焼き直して、線香花火のような政策を乱発するのはいかがなものでしょうか。もっと時代のニーズに沿った革新的な政策を出すべきだと思います。

 ■軽4WD減税について

 今年度の地方税改正で、自動車の車体課税に関して、環境性能に着目した軽減措置が検討されています。
積雪寒冷地や中山間地域、農山漁村では、買い物に行くのも、農作業などに行くのも、軽4WDが生活必需品になっています。4WD車は購入価格や維持費が割高な上に課税上の軽減措置も受けにくくなります。地方で暮らして行くためには、贅沢品とはいえない軽4WDについて、課税上の軽減措置が必要だと思います。
総務省は、地域によって税率に差をつけるのは公平性を害する、軽4WDの中でも軽減税率が適用される車種もあるのだから、特別な措置は必要がない、といった考え方のようです。
総務省には、軽4WD減税について、なぜできないのかを説明するのではなく、どうしたらできるのかを考えていただきたいと思います。これについては、引き続き、課題として質問していきます。

 <質問の様子はこちらの画像をクリックしてください↓↓>

 

3/16(水) 予算委員会での質問

IMG_2979 IMG_2986 IMG_2982

 

 3月16日(水)、予算委員会にて質問しました。

 ■石破大臣の資質について

  石破大臣は、3月15日の衆議院の地方創生に関する特別委員会で、地域再生法の法案原稿を読み間違えました。
法案の内容を理解していれば、読んでいる途中ですぐに気づくはずです。大臣としてこれから提出する法案の内容を理解していなかったのならば、すぐに辞任すべきです。

 ■一億総活躍社会について

  安倍政権では、アベノミクス、地方創生、一億総活躍などのフレーズが踊っていますが、結局はどれもお金のことばかりになっているような気がします。
少子高齢化社会、人口減少の時代で消費が構造的に伸びにくく、グローバル化で現地生産が主流になり、輸出が伸びにくくなっている世の中では、身の丈に合った経済政策が必要とされていると思います。
2025年には10人に2人近くが75歳以上の後期高齢者になっています。お金、お金のことばかりではなく、人生を楽しむ能力や習慣を植え付けるような考え方も必要だと思います。

 ■警察の体制について

  2025年には、10人に2人近くが後期高齢者になります。警察組織も高齢化時代に対応するような組織に変えていくべきではないかと思います。

 <質問の様子はこちらの画像をクリックしてください↓↓>

3/10(木)総務委員会での質問

IMG_2967 IMG_2971  IMG_2976

 3月10日(木)、総務委員会にて質問しました。

 ■マイナンバーカードについて

  今年1月からマイナンバーカードの交付が始まっています。2003年に交付が開始された住民基本台帳カードは、約1億2,000万人いる国民のうち、約710万枚(約5.5%)しか普及せず、失敗に終わりました。マイナンバーカードについては、広く普及させられるよう、交付手続を簡単にした上で、きちんと計画を立てて取り組むべきです。

 ■放送法と表現の自由について

  高市大臣は2月8日の衆議院予算委員会で、放送局が政治的公平性を欠く番組を放送した場合、一つの番組だけでも停波処分の対象となり得る旨、答弁しました。
我が国では憲法によって、思想・良心の自由(憲法第19条)や表現の自由(憲法第21条)が保障されています。権力者がその部分に手をつけると、戦前のように自由にものを言えない国になってしまいます。大臣の口から停波発言が出てくること自体が異常です。
また、高市大臣の停波処分発言などに対して、2月29日に著名なジャーナリストが抗議会見を開きましたがNHKは取材にも行きませんでした。籾井会長は現場に指示を出すようなことをしていないと答弁しましたが、現場が会長の意向を忖度(そんたく)するNHKでは困ります。

 ■震災復興について

  震災から5年がたちました。病気の治療が急性期と回復期で異なるように、震災復興も震災当時と今とではニーズが異なっていると思います。
今後、被災地では、今のニーズには合わない過大な施設がでてくると思います。こうした施設については、被災していない方々にも利活用していただくような法改正が必要だと思います。

 

 <質問の様子はこちらの画像をクリックしてください↓↓>

3/31(木)総務委員会で質問します。

3月31日(木)10時から総務委員会が開催されます。
今回は、平成28年度NHK予算に対する質疑となります。

寺田の質問時間は、12:00~12:20までの20分間の予定です。
(質問時間は目安であり、多少前後する場合がございます)

参議院ホームページの「インターネット審議中継」からご覧になれますので、ご興味のある方は、当日こちら↓↓からどうぞ。

※参議院インターネット審議中継: http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

3/24(木) 総務委員会で質問します。

3月24日(木)10時から総務委員会が開催されます。
今回は、一般調査及び公共放送の在り方に関する件に対する質疑となります。

寺田の質問時間は、11:15~11:30までの15分間の予定です。
(質問時間は目安であり、多少前後する場合がございます)

参議院ホームページの「インターネット審議中継」からご覧になれますので、ご興味のある方は、当日こちら↓↓からどうぞ。

※参議院インターネット審議中継: http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

3/23(水) 総務委員会で質問します。※2回あります(午前、午後)。

3月23日(水)10時30分から総務委員会が開催されます。

●午前の部は、平成28年度一般会計予算、平成28年度特別会計予算、平成28年度政府関係機関予算(総務省所管 ※公害等調整委員会を除く)の委嘱審査に関する質疑となります。

寺田の質問時間は、12:00~12:10までの10分間の予定です。
(質問時間は目安であり、多少前後する場合がございます)

●午後の部は、内閣総理大臣に対する質疑(地方税法等の一部を改正する等の法律案、地方交付税法等の一部を改正する法律案に対する質疑)となります。

寺田の質問時間は、14:24~14:36までの12分間の予定です。
(質問時間は目安であり、多少前後する場合がございます)

参議院ホームページの「インターネット審議中継」からご覧になれますので、ご興味のある方は、当日こちら↓↓からどうぞ。

※参議院インターネット審議中継: http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

3/22(火) 総務委員会で質問します。

3月22日(火)13時から総務委員会が開催されます(公報上)。
今回は、地方税法等の一部を改正する等の法律案、地方交付税法等の一部を改正する法律案に対する質疑となります。

寺田の質問時間は、16:00~16:30までの30分間の予定です。
(質問時間は目安であり、多少前後する場合がございます)

参議院ホームページの「インターネット審議中継」からご覧になれますので、ご興味のある方は、当日こちら↓↓からどうぞ。

※参議院インターネット審議中継: http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

3/22(火)沖縄及び北方問題に関する特別委員会で質問します。

3月22日(火)10時から沖縄及び北方問題に関する特別委員会が開催されます。
今回は、平成28年度一般会計予算、平成28年度特別会計予算、平成28年度政府関係機関予算(沖縄関係経費、北方対策本部、沖縄総合事務局及び沖縄振興開発金融公庫)に対する質疑となります。

寺田の質問時間は、11:35~11:50までの15分間の予定です。
(質問時間は目安であり、多少前後する場合がございます)

参議院ホームページの「インターネット審議中継」からご覧になれますので、ご興味のある方は、当日こちら↓↓からどうぞ。

※参議院インターネット審議中継: http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

3/22(火)地方・消費者問題に関する特別委員会で質問します。

3月22日(火)10時から地方・消費者問題に関する特別委員会が開催されます。
今回は、平成28年度一般会計予算、平成28年度特別会計予算、平成28年度政府関係機関予算(地方活性化関係経費及び消費者委員会関係経費、消費者庁)に関する質疑となります。

寺田の質問時間は、11:09~11:21までの12分間の予定です。
(質問時間は目安であり、多少前後する場合がございます)

参議院ホームページの「インターネット審議中継」からご覧になれますので、ご興味のある方は、当日こちら↓↓からどうぞ。

※参議院インターネット審議中継: http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

1 / 212
  • プロフィール
  • 基本理念
  • 後援会
  • お知らせ
  • ブログ
  • 秋田よ変われ