• 小
  • 中
  • 大

復興と核燃料最終処分研究施設の視察に行ってきました【その2・幌延】

 国が原発再稼働に向けて動いているなか、日本における高レベル放射性廃棄物最終処分の研究がどうなっているのかを知るために、北海道の最北端・稚内に近い幌延町にある独立行政法人・日本原子力研究開発機構(以下、機構)幌延深地層研究センターに現状を見に行ってきました。

P7250830-1-915b6
幌延深地層研究センター立坑全景

機構の施設を視察するのは、福井県にある高速増殖炉・もんじゅ以来です。ちょうどこの7月から地下350mの調査坑道の視察が可能になったところ
(最終的には地下500m以深まで掘削予定)で、地下350mまで下りて、8の字型の全長約760mの坑道を拝見しました。

P7250772-1
エレベーター(キブル)の位置を示す掲示板
深度351mが表示されている

P7250775-1-a056a
8の字型の坑道の説明を受ける


機構では、こちらの幌延町ともう一か所、岐阜県瑞浪市に瑞浪超深地層研究所があります。幌延は堆積岩質、瑞浪では結晶岩質という、それぞれの地質の違いによる地下埋設処分のための研究をしています。

 原子力発電所を稼働すると、100万kwクラスの原子炉1基につき、ガラス固化体にして年間約30本の高レベル放射性廃棄物が出ます。日本の原子炉は48基4,415万kwある※1ので、運転を続ければ単純計算して年間1,300本強のガラス固化体が出ることになります。
※1出典:経済産業省・資源エネルギー庁 電力・ガス事業部編
『平成22年電源開発の概要』 270頁 原子力発電所一覧(2010年3月末現在)より、福島第一原子力発電所を除く

 ガラス固化体は20秒程度近くにいれば死に至るほど強い放射線と200℃近い熱を持っています。自然に近い放射線まで線量を下げるには数万年を超える歳月が必要です。しかし、日本の原子力政策は最終処分について論ずることなく、今日まで「トイレなきマンション」と言われながら進んできました。

 地下350mの調査坑道ではガラス固化体を包むオーバーパックの腐食試験、坑道を埋め戻して塞いだ人工バリアが有効に機能するか確認する試験等をします。8月にはその試験が始まるとのことで、テストピットが掘られていました。

P7250796-1-92d4b
オーバーパック腐食試験用テストピット

P7250795-1-be00e
数々の計器が並ぶ坑内
機構はこの研究所を作る際、地元の幌延町と北海道との間に協定を結びました。放射性廃棄物は持ち込まない、研究終了後は地上施設を閉鎖し地下施設は埋戻す、放射性廃棄物の最終処分を行う実施主体に譲渡や貸与はしない、将来的にもこの地を最終処分場にはしない…などの約束を交わしています。
P7250812-1-a317b

坑道内ライブカメラモニタ※2と坑道模型
※2カメラは坑道内14ヵ所に設置
P7250814-1-73ace
オーバーパックと緩衝材の実物大模型


2012年に寺田は
フィンランドのオンカロを視察してきました。あちらは2022年からの稼働を目指して建設中の最終処分場ですが、日本ではこのように未だ実験段階であり、実際に最終処分する場所も決まっていません。

 坑道は一般見学も受け付けており、事前に申し込みをすれば見学が可能です。東日本大震災以降、国内の原子力発電所は止まっています。しかし再稼働させずに順次廃炉しても必ず「核のゴミ」は出ます。稚内から約50km、札幌から約280kmと、遠くて辿り着くのは少々難儀ですが、できるだけ多くの人がこの施設を訪れて、原子力を利用することと最終処分をどうするのかを自分の目で見て、感じて、考えてほしいと思った視察でした。



独立行政法人 日本原子力研究開発機構 幌延深地層研究センターのホームページは
こちら↑↑からどうぞ
施設見学の申し込み方法のご案内もホームページ内にあります。

  • プロフィール
  • 基本理念
  • 後援会
  • お知らせ
  • ブログ
  • 秋田よ変われ