• 小
  • 中
  • 大

3/23(水) 総務委員会での質問②(安倍総理への質問)

IMG_3059IMG_3063
 3月23日(水)、総務委員会にて質問しました。

 ■原発問題について

  福島第一原発の事故から5年がたちました。3月20日、21日に原発の被災地を視察してきましたが、汚染された地域は避難指示が解除されても人のいる気配はなく、飯館村には除染作業によって黒いフレコンが積み上がっていましたが、人の姿はありませんでした。仮設住宅で不自由な生活を余儀なくされている方々もまだたくさんいらっしゃいます。ただただ原発事故の恐ろしさを感じると共に、被災者の方々は本当に気の毒だと改めて思いました。
ベースロード電源として原発を再稼働して、果たして日本にとって何かいいことがあるのか、疑問に思います。

 ■地方財政審議会について

  地方財政審議会が1953年に設立されてから60年以上がたっています。その間に国と地方の借金が1000兆円を超えましたが、地方財政審議会は地方の衰退に歯止めがかけられず、地方自治体の要望を代弁したり、総務省の政策を追認する機関のようになってしまいました。地方財政審議会を、地方分権や地方財政について、将来に対する目標を立てられるような委員会にしてはどうかと1月19日の総務委員会で高市大臣に質問しましたが、前向きの返答が得られなかったため、改めて総理に質問しました。
しかし、残念ながら総理も役人が書いた原稿を読んでいるだけでした。

 ■軽4WD減税について

 積雪寒冷地や農山漁村では軽4WDが生活必需品として定着しています。今回の地方税法改正で、環境性能に着目した軽減措置が上程されていますが、車両価格が高いうえに、車重が重く、燃費が悪い軽4WDは課税の面でも不利益を受けることになります。昨年3月25日の本会議で石破地方創生担当大臣に、本年の総務委員会で総務省に質問しましたが前向きの返答が得られなかったため、改めて総理に質問しました。
しかし、本件についても総理は役人が書いた原稿を読んでいるだけでした。安倍総理は、安保法案、アベノミクスといったものにしか関心がないようです。一国の総理として全く困ったものです。

 <質問の様子はこちらの画像をクリックしてください↓↓>

  • プロフィール
  • 基本理念
  • 後援会
  • お知らせ
  • ブログ
  • 秋田よ変われ