• 小
  • 中
  • 大

講演録「形あるものは必ず壊れる」 13

 6 農業~「食の三位一体」

 その他の課題としては、秋田県は農業に力を入れていかないといけません。今では「地産地消」はすっかり定着しました。「トレーサビリティ・システム」も畜産ではかなり普及しましたし、野菜も誰がどこで作ったキュウリなのか、分かるようになりました。これからは、更に「食の三位一体」として進めていくつもりです。

 秋田は食糧自給率150%なんです。これには自信をもっていい。でもこれまでの「コメだけ」では駄目ですね。畜産、果樹にももっと力を入れなければ。これも地域に合った農業が必要です。

 秋田の農産物は質は高いのですが、ロットが小さすぎて市場まで届かないのです。もっとマーケティング戦略、ブランド戦略などが必要です。リンゴだって青森より秋田の増田や平鹿の方が美味いのにね。

《14 に続く》


※名称・敬称等は当時(平成16年11月)のままです。
※次回は2月23日に公開いたします。

  • プロフィール
  • 基本理念
  • 後援会
  • お知らせ
  • ブログ
  • 秋田よ変われ